The Driving with Zero Sense of Direction
車がなかった頃は、「自分の車があれば、いつでも行きたいところに一人でいける」と思っていた。


が、、、

それは大きな間違いであることに気付いた。

あたしには、「方向音痴」という敵がいた。

それも、ただの「方向音痴」ではない。

かなり重度のものである。


「方向音痴」でない人にはいまいち分かってもらえないだろうけど、実際、「方向音痴」な人は「方向音痴」でない人には想像もつかないような方向感覚を持っていたりする。

たとえばあたしの場合、こんなことがあった。

ちょっと大きなスーパーに行こうと、そんな頻繁には行かない場所に行こうと試みていた。
ちなみに出発地点は23アベニューというところ。目的地は35アベニュー。アメリカではほとんどの場所でストリートとアベニューが数字通りに並んでいるので日本の複雑な道路に比べて、住所を探すのははるかに楽だと思う。いってみれば、目的地の数字のほうに向かってまっすぐに行けばいいだけ。
そんなことは分かっている。
が、わたしは23アベニューを出発して、15分後くらいにはなぜか知らないが、また同じ出発点であったはずの23アベニューに戻っていた。
いや、ミラクル。(ある意味。)
まぁ、結局、その日はもうその目的地に行くのはあきらめましたよ。

方向音痴を直すいい方法があったら誰か教えてください。


おわり。
[PR]
by yuko_iwasaki | 2007-11-29 04:17 | DAILY DIARY
<< untitled そういえば、先週の火曜に初雪が... >>