アメリカ人と雨。   Apr. 24th/2007
c0062474_2392055.jpg
昨日からの不安定な天気が続いてか、朝、クラスに行くときにザーザー降りの雨が降っていた。
なので、傘をさして行った。よくよく考えてみると、授業に行くとき傘をさしていくのは実はこれがこっちにきて初めてだったりする。傘(折りたたみ)は持っているには持っていたのだか、ここコロラドではめったに雨が降らないため、なかなか出番がなく、ずっとクローゼットの中に放置されていた。また、たまに雨が降っても、出かけた先で雨にあったり、もしくは家でぼーっとしてるときだったりなので、結局は雨でもいままでほとんど傘なしで乗り切ってきたかんじ。でも、あたしは今日と昨日、二日連続で傘を使った。こりゃ、めずらしい!さすがに、傘をささなきゃいけない量だったからね。
しかし、アメリカ人はというと、たとえザーザー雨でも基本、傘なんてもたないのがお国柄(?)らしく、(・・・いや、でもニューヨーカーは傘をさしてるイメージあるかも。。。)今朝のような雨の中でももちろんのように手ぶら。傘をさしてる人なんて授業の行き帰りで合計2人見たくらい。なんでこんなにみんな傘をささないんでしょうか?たとえ人種がちがくても、やっぱり雨は冷たいと思うもんだと思いますが、、。・・・アメリカ人は、極度なめんどくさがり屋なんでしょうか?疑問です。
ところで、朝、アパートを出るとき、となりを通りすぎたアメリカ人がこんなかんじで話しかけてきました。「オーマイガッ~!こんな雨じゃ、授業行きたくね~」と。なので、あたしが「だね、ちょっとすごい雨だね。あなた、教室はどこなの?」するとそのアメリカ人は答えました。「あ~、教室はウェストキャンパス(遠い方のキャンパス)だよ。」と。あたしも、その答えを聞いて、あーそりゃちょっと遠いし大変だな、と思ったら、そこで付け足すそのアメリカ人。「ま、車でいくんだけどね。」と。 はい?車で行くくせに雨で授業に行きたくないとか言ってんの?そんなん、歩くのなんてたった駐車場から教室までじゃん?これだからダメですね、車社会に生活してる人たちは。
ぶっちゃけ、毎日東京で歩いて生活し、そして毎年約一ヶ月にも及ぶ梅雨を乗り切ってきたあたしには、こんなたまにしか降んない雨なんて余裕もいいとこです。piece of cake ってやつです。
まぁ、あえていうと、雨が降るとジーンズの裾がちょっと濡れるのと、いつものビーサンが履けないのがちょっといやですが、、、。

なんだか、たかが「雨」についてだけなのにずいぶん長くなりました。
っていうか、この、“アメリカ人、傘ささない”ネタ、まえにも触れたよね??
[PR]
by yuko_iwasaki | 2007-04-24 02:49 | DAILY DIARY
<< untitled  Apr. ... untitled  Apr. ... >>