イグザム、、、。  Apr. 3rd/2007
今日朝9時半からの授業(美術史)でテストがあったにもかかわらず、昨日の夜はなぜだかすっごく眠くて夜9時前には寝てしまった。もちろん、そんなに早く寝たんだから、テスト勉強なんか全くもってしてません。でも、朝は6時起床。あ、正確には6時10分。んで、シャワーを浴びて、したくして、ダイニングホールの朝食にレッツゴー!!んで、優雅に朝食。その後、8時ちょいすぎくらいから、クラスのある隣のビルにいって、ようやっとテスト勉強開始。ま、一時間は集中してやりましたよ。んで、テストに臨みました。テストは1時間弱で終了。。。でき具合については特に触れないでおきます。まぁ、超できなかった訳でもなく、かといってこれといって出来たわけでもありません。(、、とだけ言っておきます。)

ちなみに、そのクラスのテストってのは毎回同じ形式のもので、最初に30問選択問題(スライドの絵を見ながら、年代や作者を選んだりするもの)。んで、次に2問ショートアンサー問題(問題に答えを自分で書いて答えるもの。でも、段落で書いたりする必要はなし)。そんで最後にエッセイ問題(スライドに写された2つの絵について比較するもの。段落形式で書く必要あり。)。
で、終わった人から提出して帰ってよし。超早い人はなんと20分くらいで帰ってしまう。でも、まぁ、たいていアメリカ人でも40分から1時間ちょいくらいはかかってますね。
で、毎回、テストを受けて思うのが、アメリカ人、とにかく書く。書く。書く。それも小さな文字でぎっしり。まぁ、エッセイ問題で大量にかくのはいいとして、ショートアンサーであんなにも書くのは逆にどーかと、、、。ショートアンサー・・・日本語に直訳してショート=短い、アンサー=答え。短い答え??いやいや、あれ、全然短くないですよーーー。あの量、普通にエッセイのレベルです。長文書け!という指示がないのに、あそこまで書いてしまうなんて、すごいなぁ、、、とある意味感心します。
まぁ、きっとアメリカ人がみんなそんなに書くわけではないんでしょうけど、あたしが提出するときにちらっと見える回答はいっつも文字で埋まってます。
ちなみに、本来ショートアンサーというのはだいたい3~5文でいいんだと思います。

まぁ、そーゆうあたしは、3文にも満たないときがあるのですが、、、。まぁ、その話はおいときます。ま、いーじゃん?

そんなわけで、いまはテストが終わり、朝も6時起きした充実感(?)で、なんだかすっきりした気分です。

それじゃ。

c0062474_10133995.jpg

↑これは今日の夕食~。鰻丼。それと、インスタント油揚げ味噌汁プラス昨日の残りのカルビ。
[PR]
by yuko_iwasaki | 2007-04-03 08:10 | DAILY DIARY
<< untitled  Apr. ... 昨日はエイプリルフール。  A... >>