kind of .... ☆  Apr. 12th /2006
別にどーでもいいことですが・・・・

あたしだけでしょうか?アメリカ人、やたらと会話の中で"kind of"という言葉を使うと思いませんか?

とか言ってるあたしも、結構使うのですが・・・

あたしは留学前、"kind of"なんて言葉の意味は"~の種類の"とかいう意味しかなく(または"kind"のみで"親切な")、そんなに会話のなかで多用されるようなものだと思っていませんでした。だからちょっと気になって調べてみたんです。

前にも書いたように、あたしの今学期とっているARTⅡのクラスでは、一つの作品が仕上がるとそれについてちょっとした説明を一人づつして評価し合う時間があるんです。で、昨日のその時間、ちょっと数えてみたんです。アメリカ人が1~2分の喋りの中で何回くらい"kind of"という言葉を使うのかを。

結果、多い人で6・7回は使ってました。
で、だいたいの人が最低1回はつかってましたね。

ちなみにどんなふーに使うかとゆーと、、、

EX) 
My work is a kind of weird. (私の作品はなんか変です。)
This project is a kind of interesting one. (この課題はなんだか興味深いものです。)

ってかんじです。

そして、"kind of"を辞書でひいてみると、、、

【1】 《a ~》~のような人[物]、~みたいな人[物]、~らしき人[物]、~めいた人[物]、一種の~

【2】 ある程度{ていど}、やや、多少、ちょっと、なんだか、いくらか、まあまあ、幾分、どちらかといえば、いわば、まあ、大体~といえる、~とか、あれでも~の◆断定を避けるため、表現を和らげるために使う。<SPACE ALC 英辞郎より>

とあります。

ポイントはここ!最後の“◆断定を避けるため、表現を和らげるために使う。”ってとこ。英語にはyes とか no とかの断定的な表現しかないものかと思っていたけど、、、あるじゃない、あいまいな言葉も。

あたしは日本語では“別に~”とか“ちょっとね~”とか“なんか”とかの曖昧語をとてもよく使う人なので、この“kind of”という言葉を知ってからというもの、ついついたくさん使っちゃいます。

とくに、質問かなんかで100%肯定したくないときかよくあるじゃない?う~ん、なんていうの?はっきりyesって言いたくない時っての?

あたしの場合は特にこれね、

"Are you sleepy?"(眠いの?)

"kind of..." (まぁ、ちょっとね、、、)

ってなかんじ。

今となっては、この"kind of"、あたしにとって(たぶん他の人にとっても)、なにかと便利な言葉です。



で、結論。この“kind of”のように、実際にアメリカなんかでネイティブの中にいるといろんな単語の知らなかった使い方を発見することが出来るんです。ここが日本で英語(英会話)を勉強するのとの大きな違いの一つではないかと。。。

まぁ、みなさんも、使う機会があったらこの"kind of"使ってみて下さい。
ただ、あんまり使いすぎるものどーかとはおもわなくもないですが。。。。

ちなみに発音するときはちょっとくずして"kinda"にするとちょっとネイティブっぽくなります。
[PR]
by yuko_iwasaki | 2006-04-12 02:49 | DAILY DIARY
<< Jill's birt... スプリンクラーの季節☆ Apr... >>